エコイックメモり
聞きかじりをリンク付きでメモするブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ関連ニュースまとめ
【オピニオン】ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと
>1.ギリシャ人は既に要請されている以上に緊縮している
>2.本当の問題はトロイカの薬が効かなかったということだ。
>IMFは当初、緊縮政策を採用すれば、ギリシャは2011年から「V字型」の経済回復に入ると予測
>6.本当は、ギリシャのドラクマ再導入は極めて容易だ
>例えば、ベルリンの壁崩壊後の多くの東欧諸国。当時IMFとその他国際機関は手を差し伸べたし、新通貨への移行は成功し、比較的痛みも少なかった

ギリシャ年金・労働改革で対立、資金難のなか協議に暗雲
>スクルレティス労働相「彼ら(IMF)は、ギリシャ国民の生活をこの5年間、破壊してきた(緊縮策)を一切いじらないよう求めている」
プーチン大統領がギリシャ支援示唆、パイプライン建設協力を条件
ギリシャ財政緊縮、増税中心では困難か
「ばかげた提案」断固拒否=EU側に譲歩迫る-ギリシャ首相
IMF、ギリシャ向け追加支援を全面停止
EU交渉:ギリシャ側が突然退席 再建策、合意寸前決裂
>EU首脳らの証言で明らかになった。ギリシャに「大盤振る舞い」の再建案を示した26日夜、ギリシャが突然、交渉の席を立ち、チプラス首相が国民投票実施を表明
ギリシャ、ユーロ離脱の可能性高い 他国への影響は限定的
プーチン大統領 “ギリシャ支援の立場”伝える
欧州中銀 ギリシャへの資金供給条件を厳しく
STRATFOR、ギリシャの国民投票の結果の、他の欧州諸国の政治に与える影響について
>年後半に選挙を控えるスペインとポルトガルは自国の政治に与える影響を憂慮
>ドイツはギリシャの左翼政権の自滅を待ちたいが、ギリシャはEU内部の分裂をはかり、イタリアやフランスのドイツとの対立を図りたい

ギリシャ:債務3割軽減要求 新提案へ
ギリシャの新改革案、債権団の要求に近づく
ギリシャがユーロから離脱しかけた瞬間-マラソン会議の舞台裏、「この部屋から出すわけにはいかない」-
>一番苦しんだのが誰かということについては、意見が一致していたようだ。「彼らは中でチプラスを磔(はりつけ)にした」
ギリシャ国民がユーロ圏残留を望む理由
>多くのギリシャ国民がむしろ懸念しているのは、ユーロというくさびや規律がなくなった場合の国家の支配体制がどうなるか
> 外部からのくさびを求めるこうした態度はギリシャだけに限った話ではない。特にイタリアで目立つ。イタリア国民はここ数十年、欧州当局に政府機能を委託すれば、より公平かつ優れた政策運営が期待できると
>ギリシャ国民はユーロ圏残留を望みつつも、ドイツが主張する残留条件の緊縮策には抵抗している

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://konnno06.blog67.fc2.com/tb.php/257-0f196135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。