エコイックメモり
聞きかじりをリンク付きでメモするブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIIB対応、飽きないギリシャ、正念場のシェール、翳るヒラリー
米、アジア投資銀との協調模索―世銀との連携を打診
>世銀のジム・ヨン・キム総裁は広報を通じ、世銀がAIIBと、「いかに緊密に協調していくか」について既に「掘り下げた議論をしている」
>ADBは、アジア地域のインフラ整備のための投融資不足額が年間8000億ドル(約96兆円)に上ると推定している。ADBの資本金は1600億ドルで、世銀が他の地域開発銀行と行っている協調融資は約5000億ドル

中国、アジア投資銀に欧州国誘致のため「拒否権」辞退
>これは国際通貨基金(IMF)の意志決定手続きでの古くからの慣行から大きく離れている。米国のIMFでの議決権シェアは20%に満たないものの、一部の重大な決定事項については事実上の拒否権
>他のIMF加盟国が長い間不満を募らせていた

America's China Consensus Unravels
>アメリカの「チャイナ・コンセンサス」が揺らいでいる、と論じる。ここに言うチャイナ・コンセンサスというのは、中国は経済的にも政治的にもアメリカの良きパートナーであることが最良最善の政策と思っており、中米協調は重要で、中国がアジアにおけるアメリカの覇権を脅かすことはない、というも
アメリカ政府は、中国がグローバル秩序維持のステーク・ホルダーになるという希望を捨てた
>Asan Instituteの討論会のヘッドラインに言う「アメリカはアジアに帰ってきたか?」


ギリシャ、新たな改革案提示=61億ユーロの歳入増見込む
>脱税や不正行為の取り締まりを中心に今年中に最大で61億ユーロの歳入増加

ギリシャが「9日に資金枯渇」と通告、債権団はつなぎ融資拒否
>前政権が約束した改革を実行すればユーロ圏やIMFから72億ユーロの融資を受けることができる。ただ、そうなれば新政権は選挙時の公約に違反
ユーロ圏財務相、ギリシャ財務相を激しく非難-合意に至らず

原油価格の下落再開、米シェール業界は生き残りかけ正念場
米、シェールオイル採掘に新規制 反発する石油業界と政府は「水と油」?
シェル、英BGグループを8.37兆円で買収

GE金融事業ほぼ撤退、浮上する2つの課題
>GEは金融危機の遺産と、巨大製造企業でありながら金融当局に「システム上重要な金融機関(SIFI)」に指定されるという奇妙な立場から抜け出して、当局による監視やコストから自由に
>売却が完了しても一部の事業の成長性に疑問が残る


米国:クリントン氏にサーバー提出を要求…下院委員長
ヒラリー氏の財団に莫大な外国資金
>個人のメールアドレスとサーバーを公務に使用していた問題で厳しい追及を受けており、不都合なメールを隠しているとの疑惑
>ナショナル・ジャーナル誌のロン・フォーニアー氏は、メールには米企業や外国政府から財団への寄付をめぐるやりとりが含まれている可能性
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://konnno06.blog67.fc2.com/tb.php/249-6449a710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。