エコイックメモり
聞きかじりをリンク付きでメモするブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUという実験とギリシャのヤンチャ、ネタニヤフのオバマ軽視、AIIB
EUという実験は失敗に終わった フーバー研究所
欧州の社会民主主義のモデルは文化的宗教的に乖離の大きい移民を多量に導入し同化を促す努力を怠って国内に分裂を招いている、という。アメリカから見ると、そうした国民意識統合の無い、多文化主義の非宗教的な「ポスト・モダン欧州」の実験はことごとく失敗であり、欧州の南北分裂を招くというもの

ギリシャの債務バトルはまだ前哨戦 FT
>EUはギリシャに債務の返済を促し、GDP比175%に達している債務残高を2022年までに110%相当額にまで減少させたいと考えている
ギリシャとの合意では修復できないユーロの欠陥 FT
>第1に、政治同盟という後ろ盾がなければ通貨同盟はいずれ存続できなくなる。第2に、欧州には政治同盟を下から支える共通の政治的アイデンティティーが存在しないため、政治同盟は実現しない
>ドイツもギリシャも、本物の政治同盟で運命をともにできるほどには相手を信頼しておらず、好意も持っていない

ギリシャ対ドイツ、食い違う両国の主張の本質
>ギリシャはオスマン帝国の支配下にあって以来、外国からの干渉の犠牲になってきたと言う意識がある。
>LSEケビン・フェザーストーン教授「1940年代にアテネがドイツの占領下にあったときの過酷な家族の思い出があるのだ」
>ドイツ経済は万国共通のモデルではない。どの国も、貿易黒字が国内総生産(GDP)の6%に相当する状態ではいられない
>さらに、ドイツが10年前に大改革を実施した当時は世界経済が適度に成長しており、財政状況は緩和的だった。ドイツはユーロ圏の財政規律を気にせずにいられた

ギリシャ、改革リスト草案提出―9日のユーロ財務相会合控え
>追加支援の実行が決まらない中、ギリシャの手元現金は徐々に減少しており、政府は債務返済資金の手当てに苦戦している
ギリシャ、資産売却益を社会福祉政策に活用へ 債務削減でなく
そして経済成長のための投資でも労働インセンティブでもなく。デフレ緊縮を求めるドイツのことは好意的に見てはいないが、これはちょっと……。

EUの経済と民主主義を救うには安倍総理を見習え?(フォーリンアフェアーズ2015年3月紹介記事)

ネタニヤフ首相が米議会演説強行へ、オバマ政権との確執深まる恐れ
>イスラエルとオバマ政権の確執が高まる中、共和党の招きでネタニヤフ氏が演説することにはオバマ政権当局者を中心に反発も強かったほか、イスラエル野党指導者も演説中止を求めていた
>米議会は数週間内に核開発の抑制に向けた拘束力の強い合意が形成されなければイランに追加制裁を発動するよう求めているが、ネタニヤフ氏は演説でこうした議会の動きを支持するとみられている

イスラエル首相、米との絆を強調
>スラエル首相府は議会演説の段取りを米共和党指導部と秘密裏にまとめ、ホワイトハウスは蚊帳の外に置かれた
ネタニヤフ「オバマをアメリカとはみなさない」

アメリカ政府は英國の「継続的な中国補助」を非難、AIIB(アジアインフラ投資銀行)への英國の参加表明で
中国AIIBに独仏伊が参加を検討。
麻生氏のAIIB発言に中国「参加したい国は歓迎」透明性には言及なく

欧州電力界、皆既日食で「前例ない試練」 太陽光発電ほぼ全停止へ
正直草生える
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://konnno06.blog67.fc2.com/tb.php/246-c5eeafbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。