エコイックメモり
聞きかじりをリンク付きでメモするブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気後退入りの可能性、再生エネの重し
緩和効果さらに強まっていく、企業マインド改善継続=日銀副総裁
>足元の円安傾向については特段触れず、物価は円安でなくQQEによる需要創出で上がっているとの持論を強調した。政府の積極的な財政出動とセットで効果を挙げたとの見解を示唆
日銀副総裁:円安で逆にデフレ圧力も、金融政策で対応必要に
>円安によって実質所得が減少し、デフレ圧力を生む可能性
>国際協力銀行(JBIC)の渡辺博史総裁は「これ以上円安になること自体がどちらかというとマイナスになる産業が増えてきている」
>黒田東彦総裁は「今の水準から円安になることが非常に日本経済に好ましくないとは私は思っていない」

S&P小川氏:必ずしもプラスでない、消費増税-格付けに
>今のペースで日銀が買い続ける限り、需給関係だけで見ればそんなに大きく国債が売られるとは考えにくい
>一番大事なのは名目GDP(国内総生産)成長率。これが上がらない限りは税率を引き上げても結果として財政再建にプラスにならない可能性がある

生産悪化で日銀物価シナリオに逆風、頼みは円安効果
>8月鉱工業生産は前月比1.5%減と、事前予測の0.2%上昇を大きく下回った。裾野の広い自動車をはじめ全15業種中10業種で減産となった
>2014年度の実質GDP成長率は、日銀が見込む1.0%を大幅に下回るのは確実だ
>8月の有効求人倍率が1.10倍と3カ月連続で同水準に足踏み。先行指標である新規求人倍率は1.62倍と2カ月連続で低下

予想裏切る生産悪化、「景気後退入り」の可能性で増税シナリオに影
>増税後の景気けん引役とみられていた設備投資だが、「7─9月に増加に転じる可能性は高いが、鉱工業生産指数の出荷動向から判断すると、力強い回復は当面期待できない」
>「基調判断は下方への局面変化に修正されそうだ。今年1月をピークに景気後退局面入りしている公算が大きい」



大企業景況2期ぶりプラス 7~9月11.1に改善 10~12月はプラス9.9
高卒求人、6年ぶり高水準=来春卒は1.28倍 厚労省
>リーマン・ショックで雇用情勢が悪化する前の09年3月卒以来6年ぶりに1倍を超えた
大手行の保有株含み益は9月末で5.91兆円、半年で32%増=大和証
景況感、2期ぶりに改善 日銀短観 大企業製造業9月プラス13
8月の小売業販売額は2カ月連続増、自動車・家電は不振

“安倍首相の勝利” 朝日の記事撤回、政治的雰囲気の変化が影響と英紙指摘
>エコノミスト誌はこの記事について「国が原発を再稼働しようとしていることへの攻撃だった」と分析
>フィナンシャル・タイムズ紙も政府が朝日を撤回に向け動かしたという証拠はない。しかしこのタイミングは、とくに慰安婦問題に関しては、政治的雰囲気の変化に影響を受けていると言えるだろう、と述べる
>ロイターは、「身から出た錆となった誤報により、朝日新聞135年の歴史の危機」と報じ、信頼を取り戻せるかどうかは疑問

8割以上が慰安婦の”強制性”を否定
>セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が3113人の慰安婦に対し強制性について調査を行った。
同社はニュース配信・調査の実施・求人情報サイトの運営などを行っている日本の企業



電力4社、再生エネの新規契約を停止
再生エネ優遇見直し必至 経産省、家計負担1割増も
>経済産業省は30日、再生可能エネルギーの導入がこのまま続くと、一般家庭の1カ月あたりの負担がいまの225円から935円へ4倍強になるとの試算を示した。

G20、巨大銀行の資本規制は大筋合意 日米欧の駆け引き続く

有休消化、企業に義務付け 長時間労働を是正 厚労省が検討
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://konnno06.blog67.fc2.com/tb.php/208-d82f395a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。